中国(広州)で妊娠

2013年3月 8日 (金)

mixiコミュ立ち上げました☆

2013年 広州で育児を楽しもう

というコミュネームでミクシーのコミュ、立ち上げてみました!
まだ参加者ゼロですが、みなさん、どうぞ参加して下さい☆
お友達になって下さい☆

2012年、2013年生まれのベビーだけでなく、未就園児さん、妊婦さんも歓迎です!

のんびりな管理人ですが、お許しください。

ミクシーを通して広州でママ友を増やしましょう~

育児をみんなで楽しみましょう!

どうぞ宜しくお願いします

2012年11月27日 (火)

広州での出産費用明細

こちらもやっとエクセルファイルをプリントアウトして、スキャンしました。

この作業がなかなかめんどくさくて出来ないでいました。

(画像は別画面で拡大されますが、見難い場合には一旦画像を保存して画像ソフトで見てみて下さい)

Photo_2

出産費用、産前検診を含み結構かかりました。

※スキャンして貼り付けてから気が付きましたが、3月末に一度エリザベスに支払った出産費のデポジットは出産時に一度払い戻され、再度トータルの金額を支払い直しました。
合計金額もデポジットの分を調整し忘れてしまったので、実際はデポジット分が少なくなります。

本当は中国なので、も~っと安く検診を受けたり出産したり出来ますが、妊娠中からいろいろ気になる問題があり、通常よりも検診の回数も多く、セカンドオピニオンというか、先生によって言う事が違うので、2つの病院を掛け持ちして検診していたので、検診費はダブルです。

しかも、やっぱり医療面に不安がある中国、少しでも腕のいい先生がいる病院で検診も出産もしたいですよね。

また、薦められるがままに、別病院での特別検査なども受けているので、費用がかさんでいます。

健康な妊婦さんが健康なベビちゃんを妊娠出産したら検診費用ももっと安くなると思いますが、妊娠も出産も人それぞれ何が起こるかわからなくて、一般に言われている検査回数よりも多く検診を受けたり、治療が必要だったりもすると思います。

ちなみに、病院での検診費は毎回中国のクレジットカードで支払いをしていました。

広州エリザベス産婦人科病院では今現在日本(国際)のクレジットカードは使えないそうなので、出産費パッケージは現金で支払いしました。

エリザベス病院は言えば毎回費用明細も出してもらえます。

妊娠初期は子宮内が出血していて安静にしていなさいと言われ、胎盤も作られ安定期になって、ほっとしていたら、今度は側脳室が正常値よりも少し拡大していると言われ、妊娠中は不安が多かったんですが、出来れば家族みんな一緒に新しい命、家族を迎えたかったのでパパちゃんのいる、ここ中国広州での出産を希望していました。

妊娠中期に指摘された側脳室も後期には正常値に戻り、なんとか中国に留まって出産に臨む事ができました。

広州エリザベス病院での出産ですが、総合的結果としては問題もなく医師の腕も悪くなく、入院環境も悪くないのでよかったです。

気になる点は、出産時に母体や赤ちゃんに問題があった場合には総合病院に搬送されると言う点です。

黄疸の治療も退院する前でしたら病院で受けられますが、退院後に黄疸の問題があった場合には別の総合病院で治療を受けないとなりません。

赤ちゃんの予防接種は出産時のBCG、B型肝炎、私は希望でビタミンKの予防接種もお願いしました。
日本ではビタミンKはシロップを飲ませるようですが、中国ではビタミンKは通常、処方されません。
上の子をシンガポールで出産した際にシンガポールではビタミンKの注射を打ったので、この病院でもお願い出来るか確認したら、ビタミンKの注射を打ってもらえました。

それ以後の予防接種は日系クリニックで受ける事になります。
(もちろんローカルクリニックでも受けられますが、出産病院ではありません。)

なんとか無事に産まれて来てくれた次男君、今のところ健康にすくすくと育ってくれています。

これで、中国広州での妊娠・出産日記というかレポートというか記事は最終回とします。

広州エリザベス病院での入院食(メニュー)

かなり時間が経ってしまいましたが、やっと病院でもらったメニューをスキャンしたので、公開します。

(別画面で拡大画が見れますが、大きすぎる場合には一旦画像を保存してから画像ソフトを使って見て見て下さい)

Photo

一週間分のメニューですが、3泊4日分しか食べていません。

写真は、前回書いたので、→ 入院中の食事@広州エリザベス産婦人科病院
こんな感じです。

(付き添いの人用にお弁当が出ますが、それもそんなに美味しくないです。)

産後の病院食は結構味気ないご飯で、薬膳料理といった感じです。

母乳や産後の体の解毒に良いとされるスープ類も良く出てきてました。
わたしは体にいいからと思って食べてましたが、口に合わない方もいると思います。

出産前に冷凍ご飯を作っておいて、病室に冷蔵庫と電子レンジがあるので、タイ米や麦ごはんみたいなのがダメな方はご飯は家から持ってきた物を食べた方が無難かもしれません。

エリザベス病院の隣りのショッピングセンターにはスーパー(百佳)もあるし上の階に日本食?日式?のレストランもあるので、そこで付き添いの方にご飯をテイクアウトしてもらう事も出来るかもしれませんね。

病室には給水機と紙コップはありますが、お皿やナイフなどはないので、果物を食べるのにナイフやフォークやお皿が必要な場合には準備した方がいいです。

2012年10月11日 (木)

黄疸の再検査

今日もまたベビちゃんの黄疸の再検査にエリザベス病院に行ってきました。

一週間、1日3回のお薬を与え続けた効果が出たのか日にちが経ったからなのか工の黄疸数値はおでこが6、胸が4.4と正常範囲に戻りました。

これでもうお薬をあげる必要がなくなりました。

今のところ完母ですが、体重は生後24日にして4kgあります。
すくすく大っきくなってる~

今日は小児科の先生からビタミンA&Dの液体サプリが処方されました。中国人の子はみんな飲んでいるんですって。

これを飲む事によってカルシウムの吸収が良くなり骨が強くなって首が据わるのも早くなるんだとか・・・

Photo

病院で処方されたものですが、もちろん中国製です~

2012年9月21日 (金)

中国広州での出産当日

9:00 病院 入院パッケージ残額の支払い 体重、血圧、触診、肛門によるチェック(子宮口の柔らかさ) 先生の説明

9:30 7階入院部屋に移動 酸素吸入(赤ちゃんに酸素が行き渡るようにと) NST 剃毛(衛生面から強制的に...)

10:30過ぎ? 入院部屋からLDRに移動 酸素吸入 NST

10:55 陣痛促進剤の点滴開始 11:45 子宮収縮(陣痛)が定期的に 陣痛が来ると苦しくなって来た

12:05 子宮口2cm開く... 結構痛み出してる 12:30 先生が来てチェック

12:35 子宮口3cm開いたので麻酔(エピデュアル)の準備が始まる...
直ぐにでも入れて欲しいのに、これから麻酔の先生呼んで準備するの~??って思う...

12:50 無痛分娩の注射(エピデュアル)投与 腰に太い針を刺される。
この時はもう痛過ぎて痛過ぎて... 麻酔の針までもが痛くて...

13:10 頭が見え出してたらしく

13:13 無痛全然効いてないのに誕生 麻酔は入れ過ぎると力が入らなくなっちゃうからとか言われかなり弱く入れられ、効果が出る前に産まれて来ちゃいました。

一人目の時もシンガポールで無痛分娩だったけど、その時は下半身不随ってくらい麻酔が効いていて産まれて来る時の痛みはなかったのに、今回は足の感覚がしっかり残ってて、麻酔打って腰が痛くなっただけで全然無痛分娩じゃないじゃんと思いました。

詐欺だよ、もー 臍の緒はパパちゃんが切りました。
会陰切開は無かったもののちょっと切れちゃったようなので、溶ける糸で縫合してもらい、胎盤も見せてもらいました。 一通り処置が終わってからは2時間ほど経過観測。
分娩台の上でベビちゃんを抱かせてくれたので授乳。

15:00 車椅子にて病室に移動。 病室はLDRの部屋と同じ階で近いです。

ベビちゃんは生まれてLDRの部屋で休憩している間にB型肝炎の注射を打ちました。 夕方病室に戻ってからビタミンKの注射も打ってもらいました。
B型肝炎は中国では産後直ぐ打ちます。 ビタミンKの注射は通常は打たないようですが、打って欲しいとバースプランに書いておきました。

今回の出産では主人と通訳さんに立ち会ってもらったんですが、事前に先生に話していたバースプランの内容を通訳さんがことごとく看護師さんや助産師さんにその都度伝えてくれた為、その気遣いに凄く助けられました。

今回の出産は促進剤を使ってもらったんですが、体が促進剤に敏感に反応したらしく、点滴を始めてから2時間ちょいのスピード出産となりました。

予定では無痛分娩。実際に麻酔は入れてもらったものの全然無痛でない痛いお産でしたが、それでも出血も少なく自然分娩で元気な赤ちゃんが産まれて来てくれたので、安産だったんだな~と思います。

2012年9月17日 (月)

40週4日 促進剤にて出産@広州エリザベス病院

昨日の検診時にはぜーんぜん生まれそうな気配は無く待っててもいつになるかわかんないので、今日促進剤を使って出産させてもらうようお願いしました。

無痛分娩のはずが、麻酔を入れる前にかなり痛みが有って、麻酔が効く前に生まれちゃいました。

2cmから全開までのスピードがかなり早く、14、15時にはと言っていたのに13:13pmに元気な男の子が生まれちゃいました。

この痛み、想像以上でした。

お陰様で、母子共に元気です。

ママちゃんもやっとお腹がスッキリしました。

出産時はパパちゃんと通訳さんに立ち会ってもらいました。

中国での出産、通訳さんが居てくれたのは心強かったです。

取り敢えず報告まで。

2012年9月16日 (日)

検診40週3日@広州エリザベス病院

今日は朝8:30の予約で病院に行って来ました。

今日は広州でも尖閣諸島の国有化に対しての反日デモが行われるという事で、外出を控えるように言われていたんですが、会社の運転手さんに送迎をお願いして病院に行って来ました。
行きは8時とあって道も空いていましたが、帰りは10時過ぎでデモの影響で警察が交通規制をしていて帰りの方角と反対の方角は大渋滞してました。
どうも広州では1万人単位の規模のデモが行われたようです。

さて、今日の検診ですが、体重、血圧測定をして、NSTを20分程しました。胎動はいいんですが、相変わらず子宮収縮は有りません...
その後、先生による腹囲、子宮底長測定、触診をしてもらいました。

一般的には41週に入るまでは3日に1度の検診で様子を見て陣痛が起きなければ入院する事になるらしいんですが、もう待ちたくないので、早く入院させて欲しいと強くお願いしました...

今日は出産前の血液検査をする事になっていたので朝食は食べないで3本血を抜きました。
心電図検査もしました。
心電図は問題なく、血液検査は少し貧血気味と結果が出て他の血液検査の結果は今日の午後になるということで明日わかります。

さてさて、お腹のベビちゃん、まだ自分から出て来てくれようとしてくれませんが、ママちゃんもう大変なので、誘発剤を使って出て来てもらおうと思います。

病院の先生はまだ待ってもいいと言っているんですが、もう出てくれてもいいと思うんですよね~
りくくの時は39週2日で誘発だったので、今回は40週4日だから、ママちゃんも頑張ったと思います...

ただここは中国なので、お薬がちゃんと効くかとか安全かとか多少なりとシンガポールの時とは状況が違うので心配が全くない訳ではないんですが、無事に明日産まれてくれればいいな~と思います。

陣痛が来てタクシーが捕まらなかったりしたらどうしようとかりくくの事とか多少なりと心配していましたが、結局、自然に陣痛もこないまま病院に出産に行ける事になったのでそれは少し安心しました。
今回も1人目同様、スーツケース転がして病院に向かいます。

ちなみに、朝りくくを幼稚園に送り届けてから病院に行きます。

夕方までには産まれて欲しいな~

2012年9月13日 (木)

40週目の検診@広州エリザベス病院

今日は40週目の出産予定日です。
これと言って、陣痛らしき痛みはまだ有りません....

今日は、午後パパちゃんと母と3人で病院に検診に行って来ました。

今日の検診内容は体重、血圧測定、NST、先生による腹囲、子宮底の測定、お腹の触診、その後肛門から指を入れて子宮口が開いているかのチェックが有りました。

中国ではこれまで内診された事が無かったんですが、出産予定日になってようやく子宮口が開いているかどうかのチェックをしてもらいました。
肛門に指を入れられたのは衝撃ですが、子宮口が開いているかどうかは見てもらわないといつ産まれそうかもわからないのであ~やっと中国式内診だ~と思いました。

子宮口がまだ開いて無いので、直ぐには産まれて来てくれないようなんですが、階段を昇り降りするしかないと言われました...

今日はこの先生の検診の後に尿検査と2Dエコー検査をしました。
尿検査は今日は果物を朝も食べお昼も食べて行った為か糖が出ちゃいました...

ベビちゃんの今日の推定体重は3169gでした。
うーん、いつかな~

次はとりあえず3日後の日曜日の朝検診に行きます。

2012年9月12日 (水)

39週6日ですが...

今日もまだ陣痛来てません。
明日が予定日なんですけど、いつ出て来てくれるのでしょうか...

今日は午前中、母と万菱と海印布市場に行っちゃいました。
海印布市場は初めて行ったんですが、万菱広場からタクシーでワンメーターで行ける距離なんですね。

今日は初めてパパちゃんの半袖シャツの仕立てにトライしてみました。
布は1階で60元、ボタンは3階で5元、仕立て屋さんは日本語が通じるKKファッションで120元でした。
出来上がりは9日後だそうです。

Dsc06860

お昼過ぎに帰って来てお家で簡単に食べてから午後はマンション近くへ足ツボマッサージに行っちゃいました。
陣痛促進のツボという合谷という手のツボと三陰交という内くるぶしのツボも押してとお願いして少し押してもらいました。
集中的にってわけじゃないのであんまり効果はないようにも思いますが...

さて、明日は40週目。

ベビちゃん、もう生まれてきてくれていいよ~

KKファッション

住所:広州市沿江東路429号
海印布料总汇一期三階C45

※旧正月を除き無休 10:00~18:00

2012年9月10日 (月)

ばあば

土曜の夜に母がヘルプに来てくれました。
中国は15日以上滞在するにはビザが必要になる為、日本で30日間滞在可能な観光ビザを取って来てもらいました。
母は約4週間ほど居てくれます。

でも当初来てもらえるかわからなかった為、アイさんも継続でフルタイムで来てくれています。
アイさんには掃除と洗濯の取込み&畳む、アイロンがけ、りくくのお迎え(まだ一緒に行ってるけど)、りくくのおふろをお願いしてます。
それでも今はりくくが昼間幼稚園に行ってしまって子守をする必要がなくなってしまったので、ちょっと暇そうです...

母もまだべびちゃん産まれないし、お掃除もこれと言ってする必要がないのでまだ暇で、ご飯を作ってくれたり、ご飯の後片付けをしてくれたりしています。

今日は朝一で公安に臨時宿泊許可証の申請に不動産屋さんに同行してもらって行って来ました。
でも、不動産屋さんが言ってた書類だけだと書類不足で今日は許可証を取得する事が出来ず、明日また行ってもらう事になりました。

その後お散歩を兼ねて近くの市場見学をして来ました。
ささっとくるっと野菜、魚介、お肉を見て暑くなって来たのでお家に帰って来ました。

りくくの時は、39週2日で促進剤を使って出産してしまったので、陣痛待ちで出産待機は今回2人目にして初めてで、いつその時が来るのかとドキドキです。
でも、もし週末だったり、夜だったりした時にりくくを見てくれる人が居ないと困るので、母が来てくれた事はとても心強い事で感謝してます。

ここ中国では、月嫂(ユエサオ)と言う産後のママとベビちゃんのお世話を住込みでしてくれるお手伝いさんを雇う事も出来るんですが、やっぱり中国人のお手伝いさんを住込みで雇うのにも抵抗が有るし、気を使うし、中国流の産後の過ごし方をつべこべ言われるのもストレスなので、私には向いていないと思いました。

りくくとばあばとは普段あまり接する機会がなくて、始め照れていたものの直ぐに慣れてばあば、ばあばとかまってもらおうと必死でばあばもりくくがいる時は大忙しです。

やっぱり、アイさんにしろ、ばあばにしろ、家にママちゃん以外にも相手をしてくれる人が居るって子供にとってもいいことだな~って感じています。

ちなみに、ママちゃんは足の付け根辺りが究極に痛いです...

より以前の記事一覧